スポンサーサイト

教育訓練給付金

教育訓練給付金制度とは、働く方の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度の事を言います。

受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間(支給要件期間)が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、1年以上)あることなど一定の要件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額 (上限あり)が支給されます。

支給額は教育訓練経費の20%に相当する額となります。ただし、その額が10万円を超える場合は10万円までとし、また、4千円を超えない際は教育訓練給付金は支給されません。

教育訓練給付金の受け取り方

教育訓練給付金は教育訓練の受講が終了した際に教育訓練を受講した本人が、原則として本人の住所を管轄するハローワークに対して、下記の書類を提出することによって受け取れます。

申請書の提出は、疾病又は負傷、1か月を超える長期の海外出張等その他やむを得ない理由があると認められない限り、代理人又は郵送によって行うことができません。

・教育訓練給付金支給申請書

・教育訓練修了証明書

・領収書

・本人・住所確認書類

・雇用保険被保険者証

・教育訓練給付適用対象期間延長通知書(適用対象期間の延長をしていた場合に必要)

・返還金明細書(「領収書」、「クレジット契約証明書」が発行された後で教育訓練経費の一部が教育訓練施設から本人に対して、還付された(される)場合に必要)

教育訓練給付金の申請時期については、教育訓練の受講修了日の翌日から起算して1か月以内に行う必要があります。万が一、1ヵ月以上経過すると申請が受け付けられません。


戻る【高年齢雇用継続給付】次へ【失業保険の認定を受ける】

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録


失業保険基礎知識

失業保険・手当の種類

失業保険をもうらには

失業保険の不正受給とは

職業訓練制度

ハローワーク