スポンサーサイト

高年齢雇用継続給付

高年齢雇用継続給付とは、”高年齢雇用継続基本給付金”と基本手当を受給し、60歳以後再就職した場合に支払われる”高年齢再就職給付金”とに分かれます。

原則として、雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある60歳以上65歳未満の一般被保険者が、60歳以降の賃金が60歳時点に比べて、75%未満(に低下した状態で働き続ける場合に支給されるものです。

高年齢雇用継続給付の支給額は、60歳以上65歳未満の各月の賃金が60歳時点の賃金の61%以下に低下した際は、各月の賃金の15%相当額となり、60歳時点の賃金の61%超75%未満に低下した際は、その低下率に応じて、各月の賃金の15%相当額未満の額となります。

※各月の賃金が337,343円を超える場合は支給されません。

※高年齢雇用継続給付の基準となる各月の賃金は毎年8月1日に変更されます。

高年齢雇用継続基本給付金の支給対象期間は、被保険者が60歳に達した月から65歳に達する月までとなります。

ただし、満60歳時点において、雇用保険に加入していた期間が5年に満たない際は、雇用保険に加入していた期間が5年となる月からが、高年齢雇用継続基本給付金の支給対象期間となります。

また、高年齢雇用継続給付については、60歳以後の就職した日の属する月(就職日が月の途中の場合、その翌月)から、1年又は2年を経過する日の属する月までです。(ただし65歳に達する月が限度となります)

高年齢再就職給付金

高年齢再就職給付金は、再就職先の賃金月額が、基本手当の基礎となった賃金日額の30日分の額の75%未満である場合に、再就職先の賃金月額の15%を限度として給付されるものを言います。

基本手当の支給を受けていた60歳以上の方が再就職し、雇用保険の一般被保険者となった場合は、高年齢再就職給付金の支給対象となる事もあります。

■高年齢再就職給付金と再就職手当の併給調整について

高年齢再就職給付金と再就職手当は、同一の就職について併給されませんので、どちらの申請を行うかを選択してください。

・高年齢再就職給付金は、他の支給要件に該当していても賃金が低下していなければ支給されません。

・支給申請の時期がそれぞれ異なり、高年齢再就職給付金の支給申請時期は、支給対象月の初日から4か月以内、再就職手当の支給申請期限は、就職日の翌日から1か月以内となっています。

・再就職手当が不支給になった場合は、不支給の通知があった日の翌日から7日以内に高年齢再就職給付金の支給申請を行うことができます。

高年齢再就職給付金の支給を受けようとする場合は、再就職先の事業主を通じて受給資格確認票や支給申請書などをハローワークに提出することになります。

詳しくはハローワークにてお尋ねください。 ⇒ ハローワーク


戻る【常用就職支度手当】次へ【教育訓練給付金】

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録


失業保険基礎知識

失業保険・手当の種類

失業保険をもうらには

失業保険の不正受給とは

職業訓練制度

ハローワーク